ネット総合病院 梱包方法

ネット総合病院では、海外の商品を個人輸入することができます。個人輸入では、日本で禁止されていない商品なら、個人的使用目的であれば、ネットから注文することが可能です。購入した用品の梱包方法についてですが、一般的なネット通販の荷物では、箱に住所や商品などの情報が記載されている紙が張り付けてあります。これを送り状といいます。

 

送り状の情報から、輸送する人は、その荷物をどのように取り扱えばいいのかを判断します。生ものなら、冷やさないといけないし、冷凍なら凍っている状態で荷物を到着させなければいけません。ネット総合病院の場合は、温度による管理は必要がない商品がほとんどです。

 

しかし、中身の情報については、注文者からすると他人に走られたくない情報であることが多いです。たとえば、薄毛に悩んでいる方が、育毛剤をネット総合病院に注文されたとします。箱の中身に育毛剤と記載されていると、その情報は、輸送に携わるすべての人に知られてしまうことになります。

 

それがストレスとなり、注文を行いたいけれども、知られることもいやだと考える人もいます。その問題を解決するためにネット総合病院では、すべての荷物には、商品の名称が分からないプライバシー梱包を行っています。これにより、荷物の中身が他人に知られる心配がなくなりました。